アフターケアも整っている安心できるクリニック

臭いに気をつける

本人が臭いに気づけないことが多い

ワキガ治療をする時には注意点があります。それは、ワキガによって発生する悪臭に関しては本人が自覚できないことがあることです。 人間の鼻は、日常生活の臭いに関して鈍感になりやすい性質があります。 人間の鼻は環境に慣れてしまう性質を持ってしまうため、周囲が悪臭を感じても悪臭を放っている本人はそれに気づかないことが多いのです。 そのため、ワキガの治療をするためにはまず本人がワキガを発症させているという事実をきちんと理解して知る必要があるのです。

ワキガの治療は汗腺を治療するだけ

実際に、ワキガを医療的な見地から治療するときにはどのような処置をするのでしょうか。 ワキガを治療するためには、まず悪臭の原因となっている汗を出している汗腺を手術しなくてはいけません。 ワキガの悪臭は、汗腺から生じるアポクリン汗という特殊な汗によって生じます。 アポクリン汗には通常の汗には含まれていない成分が含まれており、この成分が気化することによって悪臭となります。 また、アポクリン汗にはたんぱく質などが含まれているため服に汗がつくと着色することも特徴です。 ワキガを発症しているかどうか本人が気づかないときには、この汗によって感染しているかどうかを把握できます。 このように、ワキガの原因はこうした汗にあるためその汗を出さないようにすれば良いだけなのです。