アフターケアも整っている安心できるクリニック

大切な水分

乾燥によるしわをなくすために

乾燥は肌トラブルの原因の1つです。肌に水分が無いと、しわができてしまいます。そのため美容外科では、保湿成分のヒアルロン酸やコラーゲンなどの注射をおこなっています。これらを顔に注射することで、肌は乾燥しにくい状態になります。さらにしわが注射液によって埋められるため、注射後は凹凸のないなめらかな肌になります。 手軽にアンチエイジング効果を得ることができるため、昨今では注射のために美容外科に通う人は増えています。それにより効果の高さがますます話題となり、さらに多くの人が注射を希望するようになると考えられています。

注射後に注意すべきこと

美容外科でヒアルロン酸やコラーゲンの注射をした後は、顔をあまり動かさないように気をつけることが大事です。激しく動かしたりマッサージをしたりすると、ヒアルロン酸やコラーゲンが定着しにくくなってしまうのです。特にしわの中に入ったヒアルロン酸やコラーゲンが他の場所に流れていってしまうと、再びしわが目立つようになってしまいます。そのため定着するまでは、できるだけ刺激を与えないようにする必要があるのです。寝る時も、うつぶせではなく仰向けになった方が、顔を圧迫せずに済みます。 また、注射後は3日ほど顔が多少腫れます。腫れは徐々になくなっていき、1週間もすれば目立たなくなります。そのため注射後3日間は人に会わずに済むように、連休などの前に美容外科に行く人が多いです。